園のご紹介|あはごん保育園

園長先生

トップメッセージ

「生きる力」を育てる保育● 當銘孝文 園長先生のメッセージ
「この子自身の成長や発達に見合った゛主体性゛を伸ばしてどんな環境でも力を発揮できる人材育成の土台となる事」が現代保育の一つの考え方です。これまでに見られた管理型の一斉保育・一斉教育ではなく「自分でやりたいことを、見つけて、方法を考えて達成していくこと」を伸ばすことが大切です。 當銘 孝文

本園フロア案内









「遊ぶ(まなぶ)力は生きる力」令和2年には園庭をリニューアルし、教室から直接出ることができ保育園には珍しい木登り遊びや、池遊び、屋上スポーツ広場など自然遊び環境を充実させました。毎日さまざまな場面で、子どもたちに複数の選択肢を与え、子ども自らが考え、行動することを促し「やってみたい」が「できた」に変わる保育を実践しています。一人ひとりの可能性を最大限に引き出し、豊かで実りの多い園生活を目指しています。

分園フロア案内









「自分の根っこ広がる世界」分園は、平成28年に開園しました。0・1歳児専用施設で職員・地域・保護者と一つの輪になり、子どもたちに一緒に寄り添う保育を目指しています。その想いを象徴しているのが、園の入り口にある「ハグシーサー」です。幼児期から主体性を育てるために、幼児遊道体操や、2階園庭での遊びなど楽しく学んでもらえる工夫をしています。

絵本の貸し出しについて

縦28cm,横35cmの絵本袋をご用意ください。
あはごん保育園では、絵本の貸し出しを行っています。
絵本を大切に取り扱ってほしいという思いから、貸し出し用の袋は、丈夫な布製のものにすることになりました。
*丈夫な布・キルト布地が望ましいです。
(市販の物でも構いません。)

絵本の貸し出し日と返却日について

●貸出日…毎週木曜日  ●返却日…毎週木曜日

貸し出し方法

●貸し出しカード(個人用)はありません。
●クラス担任が貸し出し用紙に記入し、貸出状況を管理します。
●多くのお友達が借りる事が出来るよう、毎週1冊のみ貸出します。
●貸し出しの絵本は、読み聞かせ用の絵本です。必ず保護者が取り扱ってください。
●絵本の紛失や破損がひどい場合は、弁償してもらうこともありますので、大切に取り扱うようご注意ください。
●絵本袋をご持参していない場合は、貸し出しはできません。
●返却は、各クラスへ返却となります。返却日は守りましょう。